30代の人間が転職で失敗しないための3つのポイント

転職活動と一口に言っても、転職をする人間の年齢やポジションによって目的も異なるでしょうし、必要な年収の額も違ってきます。

 

できるだけ自分の思い描いた職場にたどり着くにはどうしたらよいか、30代の人間ならではの成功のためのポイントを挙げてみます。

  

◎1.自分が求められているスキルやポジションを意識する

20代の転職の場合は多くの人間が初めての転職であることも多く、その時点でのスキルよりもポテンシャルや将来性を期待されて、新しい職場に映る移ることもままあります。

 

第2新卒という言葉もあるように、新卒から3年後以内ならば未経験の職種にチャレンジする事も十分可能ですが、30代になりと未経験の職種への挑戦は、企業側からもあまり良い目では見られません。それまで築いてきたキャリアを捨てることになるので、収入も大きく下がる可能性が高いですし「何も誇れるものがない」と思われてしまうのです。

 

30代の場合は少なくとも、後輩への指導経験があり、そこで自分なりにどうやって他人を導いてきたかなど聞かれるケースが多くなります。マネジメント経験とまではいきませんが、リーダー経験のある人間の方がスムーズに転職ができるでしょう。


何かしらのプロジェクトを自分の責任で導いたなどの経験がない場合は、自分なりのアピールできる成功体験ができるまで、転職をしないほうが良いかもしれません。

 

自分の武器を作ってから転職に望んだほうが良い職場に行ける可能性は高くなるものです。

 参考:崩壊し始めた「35歳転職限界説」!?30代後半が求められる業種・職種とは? - NAVER まとめ

31歳の転職を成功させるには?転職の現状と判断基準。

 


◎2.キャリアプランを持って転職する
また転職を考えるに当たり、単純に「今いる職場が嫌だから転職をしたい」という人は多いです。

 

もちろん私もそうでしたが、だからといって安直に他の職場に移ればよい、などと考えては将来的には大きく年収で差が出てきてしまいます。

 

20代のうちは職場によってもそれほど年収の差が無いですし、社内でも差がありません。

 

しかし大きく差が出てくるのは30代からなのです。

 

30代で自分がどう成長するかで、将来的な生涯年収がかなり上下されてきます。40代、50代の自分の姿を想定し、30代ではそのポジションに付くための戦略を練っていきましょう。

 

そのためには30代でいかに成長するかを考えなくてはいけません。全く新しい職種に就いても、よほどのことがない限りは劇的にキャリを伸ばすことが難しいです。それよりもこれまでのキャリアを継続していったほうが、素直に出世コースに乗りやすいですし、何よりも転職直後からそれなりのポジションに就くことができます。

 

30代の転職は年収を下げない転職を心がけるようにしましょう。1からキャリアをやり直していては約10年を無駄にするも同然です。逆に考えるとキャリアを伸ばしていくことができるのならば、何度転職をしても構いません。

 

最終的に40代になった時に目当ての会社に入っていれば良いのです。

そのために自分の強みを確立して明確なキャリアビジョンを描いている必要があります。

彼女はとても素晴らしく明確なキャリアビジョンをお持ちで、それを実現するためにどうするべきかとの相談をいただきました。
活動の途中でさまざまな壁にもぶつかり苦しい思いをされたのではないかと思いますが、自分のビジョンを実現するために強い思いを持ち続け、できるアクションはすべてやりきり、見事に転職を成功されました。

出典:40代でのキャリアチェンジで夢を実現! - 転職体験談|コンコード

 

自分の思い描いている将来像がはっきりしている人ほど壁にぶつかっても「何としても転職成功を掴むんだ」と強い思いでそれを乗り切ろうと努力できるのです。

 

◎3.エージェントも専門性の高いものを利用する
転職を成功させるには、これまでも転職エージェントを利用したほうが良いとお伝えしてきました。

 

多くの職種を網羅したもの、専門性の高いものと特徴は分かれていますが30代である程度のキャリアのある人間ならば、専門性の高いエージェントを使った方が成功する確率は高くなります。

 

その理由としては、業界を専門としたエージェントのほうが業界に対する専門的な知識が豊富なので、アドバイスも的確ですし、そういったエージェントには企業側もハイスペックな人材を対象とした求人案件を出すのです。年収が800万円以上の求人しか載せないような求人紹介会社もありますし、給与水準や待遇が良いことが多い外資系専門のエージェントもあります。

 

ゼネラリストを求めるかスペシャリストを求めるかで企業側の要求も異なってきますが、スペシャリストを目指せば転職が成功しない、ということが少ないでしょう。

 

もちろん私が使ったように、多くの仕事を紹介してくれるエージェントも利用価値は十分高いので、併用することは全く問題がありません。

 

ただ自分のキャリアに確固としたものがあるのならば、それをより大きく伸ばせる可能性が高いのは、専門的なエージェントです。まずは自分の転職市場での市場価値を色々なエージェントに聞いてみるのも良いでしょう。

 

20代と30代の転職で最も異なるのは自分の築いてきたキャリアをじっくりと見られて、即戦力として働ける人材として期待されることです。

 

世間の目は甘くはありませんが、その分待遇の良い求人も多くなり、最初からある程度のポジションを持って迎えられたり、中には新規事業部を起ち上げに関われたりすることもあります。

 

30代の転職は大きく飛躍できるチャンスと捉えて、挑戦をどんどんしてきましょう。