読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし決めた!転職を決意した直接の理由

色々と職場に対する不満はありましたが、当時はリーマンショックの余波が収まってない時期で、中々転職は難しそうなご時世でした。

直接自分に何かあったわけでもないし、転職を考えても今以上に良い条件の職場に移れる自信もなく、鬱屈したものはありながらもなんとなく働き続けていたのです。

 

しかし職場に見切りをつけるに値する出来事が起こりました。

 

 

◎先に転職をした先輩への仕打ちがひどい
自分より8歳ほど上の先輩がいました。能力はともかく後輩への面倒見がよく仲良くしてもらっていてその人が去るのを惜しむ気持ちは強かったです。その人は昔いた職場に出戻りをするということで辞める理由は「やっぱこの年になると、残業多いと辛いんだよね~」と納得せざるをえないものでした。

ちょうどGW明けだったのですが、正直言って他の職場に行ける先輩が羨ましかったです。ただ自分は出戻りができる職場もないので、ただ指を咥えてみるしかできないところでした。


しかしあることが起きたのです。

 

先輩はGW明けに退職を伝え、まだ仕事が残っていたので人員補充の期間のために6月30日まで仕事をしてくれ、そのあとは有休を使わずに買取を1日2,000円ですると言われたそうです。

 

なおこの会社のボーナス支給日は毎年7月1日でした。つまり有給を使って会社にいられるとボーナスを支払わなくていけない、だから有休は使わずに安い金で買い取るという考えです。せいぜい買取金額も4~5万円ぐらい。ボーナスはそこまで多くなくとも、30万はもらえるでしょう。

 

上の人間が言うには「ボーナスは今働いている人間のためにあるもの」だそうですが、でもボーナスの対象時期はその前の半年などの期間になるはずです。

立つ鳥跡を濁さずということわざがありますが、会社側の汚くかつセコイやり口にいい加減愛想が尽きました。そしてこのことを確信したのです。

 

「この職場は社員を幸せにする気がない」

 

そう決まったら会社に尽くす意味なんか全く無くなりますよね。会社と社員は本来対等の立場であるべきですから。搾取されるために我々は働いているのではありません。

参考:転職活動が上司にばれてしまい… |転職ならDODA(デューダ…

 


◎家族を養うためにはお金が必要である
ここにいても幸せにはなれない。

 

ちょうど自分は結婚を考えている時期でした。そんな生活の中で現実的に最も今後の生活に必要になるものと言ったら、一にも二にもやっぱりお金ですよね。

 

一人暮らしだったらまあ自分がちょっとガマンすればいいだけですが、2人暮らし、そして妊娠・出産・育児となったらこれまではかからなかったお金がいっぱいかかるようになってしまいます。そして子供に掛かるお金をケチるなんてことは、やっぱりできません。

 

だからケチで社員に出す金を極力減らす職場にいても満足な生活を妻子にさせられない、むしろ今後はもっと出す金を渋ってくるだろうと思い、ついに転職活動を開始することを決意しました。

また同時に仕事の量もどんどん増えていったという背景もありました。

 参考:「転職」と「結婚」、どっちが先がいいの? ~結婚前に転職編~ | マイナビニュース

 


サービス残業で仕事の量だけ増える
当時雑誌の縮尺版を発行し、業界内に売りつけようと編集長は目論んでいました。

そうするとバックナンバー全てデジタル化しなくてはいけませんので、普通はそういうことを行っている業者に依頼をして、更生だけ自分たちで担当するものです。しかしまあ編集長は何をトチ狂ったのかなんと「自分たちで目視してデジタル化しろ」という暴挙に出たのです。

 

これは雑誌を読みながら一文字一文字データに起こすというクソ面倒くさい作業です。1冊の雑誌に文字な何時あるかなんて想像したくもありません。しかもそれは何十年分もあるのです。こんなものは高性能な機械でスキャンしてやるはずなのに、まさかの手動、人力です。

 

聞いた瞬間「正気か!」と思わず叫びたくなりました。

 

で、「雑誌の仕事はどうするんですか?」と別の人が聞いたら「出さない訳にはいかないから平行してやりなさい」という全く無慈悲なお達し。

これで僅かに残っていた職場への未練も完全に断ち切ることができました(笑)

 

言われたあとすぐに取り組みだすわけではなかったので、まだ1ヶ月半ぐらいの猶予がある。俺はそれまでに転職先を決めて絶対脱出してやるぞ!と固い決意を持つに至りました。

ちなみにこの作業はすべてサービス残業です。

9時から18時まで通常業務、18時から23時までやれとのお達し。

 

売上が出れば還元するとはいいましたがせいぜいボーナスで10万足されるくらい。

サービス残業の量はおそらく半年で400時間はくだらなかったでしょう。

参考:そもそもサービス残業ってなに? | 本当に知ってる?残業代の基礎知識 | サービス残業・未払い残業代請求のことなら残業代バンク

サービス残業や休日出勤の強制はパワハラに? | パワハラと人間関係の悩みから脱出するために。

 

高校生のバイトでももっと貰えるわ!と吐き捨てたくなりますよね。この日は梅雨だけどいやに日差しがきつかったのを覚えています。

 

このように、会社の社員に対する思いやりの無さ、社員の生活を良くする気がないということを確信し、自分もついに転職の決意を固めました。

 

一度決意したら我ながら非常に早く行動に移っていきました。